DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その10

  • Day:2016.12.01
  • Cat:PS2
PDVD_000_20161116081646874.jpg
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2

発売:2005年
メーカー:アトラス
機種:PlayStation2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2の10回目です。

カルマ協会本部の32Fまで登ってきたところでイベントです。
前回戦かった三人組が現れて再び戦闘に。
自分達が勝手に落ちたのになぜこちらが怒られるの?

PDVD_003_20161130224529318.jpg PDVD_006_201611302245318f0.jpg
PDVD_007_20161130224532ea6.jpg

坊主の人はオカマさんだと思ったけど、違ったみたいじゃな。

PDVD_009_20161130224710a47.jpg

前回の戦闘よりも強くなっていて注意しなくてはいけないのは三人組の合体魔法です。
何も対策していなければ大ダメージを受けてゲームオーバーになる可能性が!

PDVD_015_201611302252007df.jpg

電撃属性なので電撃リフレクトで反射させると敵に大ダメージを与えられるのでそれで対策を。
三体とも倒すと三人組はそのまま逃走してしまいます。

PDVD_036_20161130225637412.jpg

44Fから医務室へ進むとイベントです。
セラが入れられていたカプセルは空っぽでした。
別の場所の移されたのか?
背後からヒートの声が聞こえると、収容所でボスたちを手引きした男が吹っ飛ばされました。

PDVD_041_201611302303202f8.jpg

やはり赤いあいつってお前だったかね~。
ヒートが無事だったことに安堵するも束の間でヒートはこちらに襲い掛かってきてゲイルは吹っ飛ばされました。
ロアルドはヒートがこちらに向けてくる怒りが哀しみだと気付きます

PDVD_044_20161130230322c90.jpg PDVD_045_2016113023032384b.jpg
PDVD_053_20161130230855196.jpg

医務室の巨大なモニターにエンジェルと会話をしていたあのマダム・マルコが映ります。
そしてヒートは自分達に協力してくれるんだと言います。
マダムはヒートに何か吹き込んだようですね。

PDVD_056_20161130230325727.jpg PDVD_057_20161130231317a81.jpg

サーフ達がセラに作られたAIだと言うのは最初のロアルドとのイベントで知りましたが、どうやらサーフ達は他のAIとは違いセラにとっては特別な存在なのだとマダムは言います。
マダムはサーフ達がジェナ・エンジェルに利用されていることと、エンジェルがセラの母親であり父親でもあることを明かしました。

PDVD_068_20161130232648ddc.jpg PDVD_073_20161130234206da3.jpg

エンジェルの目的はサーフ達にセラを奪還させてマダム達と共倒れさせることだったようです。
ある事故によって太陽は狂ってしまい、人類は滅亡へと向かっていました。
マダムの目的は人類の種を地球に残すことでした。
太陽の光を浴びても生きていける悪魔化ウィルスを開発し、優秀な者だけがチューナーとなり生きることが許されて選ばれなかった人間は食料にする、それがマダムの計画でした。
ジャンクヤードはその実験場だったのだ。

PDVD_080_201611302342073b1.jpg PDVD_082_20161130234208cc1.jpg
PDVD_085_20161130234209250.jpg

悪魔化ウィルスの恐ろしさをジャンクヤードで経験しているサーフ達は当然マダムの考えに賛同できません。
マダムは人間を半悪魔化させるだけでなく、意識の完全な悪魔化を防ぐためにセラに祈りの歌を永遠に歌わせ続けるつもりです。そうすることで人間を管理するのだと。それではセラが人柱みたいになってしまいますね・・・。

PDVD_096_20161130235408249.jpg PDVD_103_201612010002478c8.jpg

マダムが理想とするその世界こそがニルヴァーナなのだと言う。
でもマダムの理想はサーフ達が求めていたニルヴァーナとは違う世界なのでマダムの理屈は理解できなくもないけれども共感はできないのです。

PDVD_107_20161201000551144.jpg PDVD_109_2016120100055298b.jpg
PDVD_111_201612010005548f4.jpg PDVD_112_20161201000555bff.jpg
PDVD_113_2016120100055779c.jpg

ゲイル・・・、それボスの台詞や・・・

PDVD_115_20161201000909e87.jpg

誰かの操り人形として動いているんじゃない、サーフたちは自分の意思でマダムと対立する立場を示しました。
その答えにマダムは落胆したような表情をしてヒートに秩序を乱すバグを処理するよう命令をしました。

PDVD_117_2016120100091137b.jpg PDVD_118_2016120100091262b.jpg

ヒートさえ居ればセラは自分達に従うだろうと言って。
本当にそうなんでしょうかね?

PDVD_122_201612010020370d7.jpg PDVD_124_20161201002038620.jpg
PDVD_127_20161201002552e45.jpg PDVD_129_20161201002554920.jpg

アグニことヒートとその他カルマ兵数人と戦闘です。
敵はぜんぶ氷結弱点のヤツばかりなのでブフ系の魔法なので攻めて行きます。
ヒートは生意気(笑)にもアギダインで火炎弱点のサーフを攻撃してくるので火炎ブレイクで対策を。

PDVD_130_20161201154112204.jpg

ヒートを倒すとそのまま逃走するので戦闘が終了。
マダムも消えています。

PDVD_135_201612011541147f0.jpg

ヒートに何が起こったのでしょう?
セラが絡んでいることには間違いなさそうですけどね。
サーフに対する憎悪が以前にも増している気が・・・
こわいこわい。

55Fに到着。
カルマ兵もエンジェル派とマダム派と分裂していて争っていました。

PDVD_147_20161201162104482.jpg

ジェナ・エンジェルと再会して彼女からセラの居場所を教えてもらいました。
妙に協力的ですが何を企んでいるのでしょう?

PDVD_149_201612011621059e4.jpg

セラを奪ってマダムを殺せと指示されます。
それで貸し借りは無しということらしい。
エンジェルの目的は人間に平等に解脱の機械を与えることでした。
秩序を作って人類の存続を目指すマダムとは違い、エンジェルは混沌によって強い者だけが生存できる世界を目指していて・・・ってそれ千秋ちゃん理論ですね。

PDVD_158_20161201162805ce8.jpg

マダムのやり方はカルマ協会に解脱の機会を独占させるもので、エンジェルは平等にそのチャンスを人間に与える方法を取ろうとしていて人間を悪魔化させて喰らい合わせ生き残った者は生きる意味を知り、悟りを開かせるというものらしい。
それで今のこの状況に何らかの変化を与えられるのかしら?生きる意味を知った先はどうなるのん?

PDVD_163_20161201170411bda.jpg PDVD_164_201612011704135ba.jpg
PDVD_165_201612011651409ee.jpg PDVD_166_201612011651423b8.jpg

頭の回転が良すぎるゲイルさんを見てエンジェルは感心する。
サーフ達に宿った人間性を副作用と呼び、悪魔に侵されて人になるなんて面白いジョークだと言われました。
皮肉かな?
エンジェルとの会話の中でゲイルの脳裏、またしても記憶のフラッシュバックが起こりました。

PDVD_179_2016120119101717d.jpg PDVD_180_20161201191018f9d.jpg

血だらけで倒れている男性はエンジェルらしき女性に恨むなと言い、エンジェルは一人にしないでと悲しげに訴えていました。
前作のEDでエンジェルがゲイルに見た男性のようです。
ここでゲイルは前世での出来事を全て思い出します。

PDVD_181_20161201191528953.jpg

納得できないけれど、セラに会うにはエンジェルの思い通りに動くしかなさそうです。
サーフ達がラボに向かったあと、マダム勢のカルマ兵がエンジェルを裏切者として処分しようとします。

PDVD_191_20161201171535844.jpg PDVD_192_20161201171537004.jpg PDVD_193_201612011715394d4.jpg

サーフ達が乗っているジャイロは地味に撃ち落とされて研究施設群に不時着しました。

PDVD_195_20161201174243483.jpg

それぞれの思惑が明確になりましたね。
マダムの言う秩序ある世界であれエンジェルが望む混沌の世界であれ弱者には厳しいものであることに違いありませんね・・・w
サーフ達が求めている世界は人間らしく生きていける平穏な世界なのでどちらも受け入れがたい思想です。
しかしやり方が違うだけでみんなが目指すゴール(人類を救いたい)は同じなのに争わなきゃならないなんて悲しいね・・・。


関連記事

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その1
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その3
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その4
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その5
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その6
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その7
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その8
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その9
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その11
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その12
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その13
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その14
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その15
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その16
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その17
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その18
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その19
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その20
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その21
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その22
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その23
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その24
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その25
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その26
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その27
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その28
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その29
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その30
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その31
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その32
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その33
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その34

前作
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー その1


Comment

Comment Form
公開設定