DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その17

  • Day:2016.12.23
  • Cat:PS2
PDVD_000_20161116081646874.jpg
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2

発売:2005年
メーカー:アトラス
機種:PlayStation2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2の17回目です。

ヒート戦後のイベント。
セラが入っていたカプセルの中の水のおかげで潰れたトマトにならなかったサーフ。
目の前にジャンクヤードにいた時から姿を見せていた謎の黒猫がサーフに語りかけてきます。

PDVD_000_2016122222165376b.jpg PDVD_002_201612222216555ec.jpg
PDVD_003_2016122222165625b.jpg PDVD_004_20161222221658e44.jpg

目の前のにはマザーの死体が・・・。
死体が浸かってる水が口の中に~!

PDVD_005_20161222221659552.jpg

黒猫はシュレディンガーと名乗り、この世界は情報で成り立っておりこの世に存在するすべての情報は太陽である神の元へ還り輪廻を繰り返していると言います。
無機質なものも輪廻転生するんでしょうか?コンクリートだったらコンクリートの情報として神に還るのか。

PDVD_007_2016122222261405d.jpg PDVD_008_20161222222615268.jpg
PDVD_009_201612222229102bb.jpg PDVD_012_2016122222291103e.jpg

この狂ってしまった世界を輪廻の輪から解き放たつには悟りを開けと。
煩悩を捨てなきゃ世界は助からないよって言ってるのかな。
世界を救いたいたと思えばそれも欲望になるよね。うーむ・・・

PDVD_016_20161222222914ce8.jpg

シュレディンガーはサーフに事の発端と真相を見せてくれます。
5年前の事故が起こる前から始まります。
EGG施設でセラの体調を管理する医師として働いているかつて存在していた現実世界のサーフとヒート。

PDVD_019_20161222224144875.jpg PDVD_020_20161222224145825.jpg

実はこのイベントで前作の良い王子と悪い王子のお話のフラグが回収されます。
サーフはセラの精神面を、ヒートはセラの身体のケアを担当していた医師でした。
ヒートは常に体を酷使されているセラを心から心配していたのです。恋愛感情からでは医師として。
ところがサーフはそんなヒートの言葉に耳を貸さず、私利私欲のために神の情報を手に入れようとセラを利用し続けます。

PDVD_025_20161222224147f56.jpg PDVD_027_20161222224148088.jpg

当時まだ2歳だったセラにサーフは優しく接して、利用されているだけとは知る由もないセラはいつも優しくしてくれるサーフにとても懐いていたのです。でもサーフのその優しさも偽りであり、その二人の会話の様子を見ていたヒートはいつも怒ってばかりだったのでセラに怖い人だと印象付けてしまったのです。

PDVD_028_201612222259523e6.jpg PDVD_029_20161222225953c0e.jpg
PDVD_032_201612222259554e9.jpg PDVD_034_20161222225956f33.jpg

そんなある日、神の情報を基にセラは仮想空間とその中に現実のサーフ達をモデルにしたAIを作り出し箱庭ごっこして遊び始めます。『ザ・シムズ』ですね。

PDVD_044_201612222310356a5.jpg PDVD_046_20161222231036399.jpg
PDVD_047_20161222231038fe9.jpg PDVD_050_201612222310414d5.jpg

これがジャンクヤードのサーフ達の誕生の秘密です。しかしゲイルだけいませんでした。
ゲイル以外のエンブリオンのメンバーはオリジナルとは全く違うセラのイメージのみで作られたものなので自分に敵意を向けないよう都合の良いように作られたAIなのです。
サーフもヒートもアルジラもこの時点では現実世界で生きていたので前世の情報など受け継いでいないのです。
現実世界のシエロのことはゲーム内ではほとんど語られないので詳細は分かりませんね。
彼らがジャンクヤードで見た記憶はこのおままごとごっこ時代の記憶。
青い空も、デスティニーランドも船もぜーんぶ。

PDVD_057_20161222232650589.jpg PDVD_058_201612222326523da.jpg

この仮想空間プログラムを見た生前のベック大佐は軍事技術として利用しようとしました。
もちろんセラの体にかかる負担は増すのでヒートは反対します。
神との交信はテクノシャーマンの老化進行を早める作用があるみたいです。
ところがサーフはセラの体の状態が良くないと知っておきながらベック大佐に問題ないと伝えるのです。

PDVD_059_201612222326536a2.jpg PDVD_060_201612222326555df.jpg
PDVD_064_20161222232656489.jpg PDVD_065_20161222233114997.jpg

こいつはひでぇ・・・w
ヒートじゃなくてもキレるレベルですわ~・・・。

その後もセラは神との交信用ツールとして利用され続ける日々を送り、ついにその肉体が限界を達しようとします。

PDVD_070_20161222234844c10.jpg PDVD_071_201612222348450b7.jpg
PDVD_073_20161222234847bf1.jpg PDVD_075_20161222234848db4.jpg

それでもセラの体の酷使を止めないサーフを見て、ヒートがサーフに銃と向けました。
それに驚いた研究員が何かのスイッチを押してしまい、外の様子をセラから見えるようにしちゃいました・・・。

PDVD_077_20161222235703c6b.jpg PDVD_078_20161222235704e7a.jpg
PDVD_080_20161222235706aad.jpg PDVD_082_20161222235707351.jpg

そこでセラは二人の会話のやり取りとサーフの本性を見てしまうのです。
現実サーフの情報をAIサーフが持ってたら絶対世界は救えないな!

PDVD_083_2016122300010599e.jpg PDVD_086_20161223000108867.jpg
PDVD_085_20161223000106c77.jpg PDVD_088_20161223000109de6.jpg

銃口を向けられても怯まないサーフはなおもヒートに甘い誘惑でヒートを自分に従わせようとするのです。
ヒートのくせに生意気な~ってやつですかね。
サーフの言葉に惑わされなかったヒートですがサーフの毒牙にかかってしまったアルジラに撃たれてしまいます。

PDVD_089_20161223001206964.jpg PDVD_090_201612230012072a3.jpg
PDVD_093_20161223001209929.jpg PDVD_094_201612230012105c4.jpg

サーフにとって周りにいる人間は道具に過ぎませんでした。
ヒートもアルジラもセラも・・・。
彼はセラを利用して自分が神に成り代わろうと企んでいたのです。

PDVD_097_2016122300121293f.jpg PDVD_098_20161223002440c88.jpg
PDVD_099_20161223002441f44.jpg

セラのすすり泣く声が室内に響きました。
サーフはこの現場をセラに見られていたのにようやく気付きます。
そこへベック大佐まで部屋に入って来てしまいました。

PDVD_100_20161223002746d84.jpg PDVD_101_20161223002747397.jpg
PDVD_102_20161223002749ba0.jpg PDVD_104_2016122300275033d.jpg

セラの深い悲しみと絶望が神に情報として送信されてしまいます。
そして世界は破滅のへの道を歩みだしてしまったのです。

PDVD_106_201612230027526de.jpg

この後の出来事は描写はされていませんが、おそらく神の有害な情報を受けてしまったサーフが悪魔化してその場にいたアルジラとベック大佐を食べてしまったのでしょうねぇ・・・。



関連記事

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その1
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その3
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その4
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その5
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その6
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その7
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その8
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その9
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その10
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その11
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その12
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その13
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その14
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その15
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その16
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その18
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その19
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その20
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その21
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その22
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その23
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その24
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その25
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その26
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その27
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その28
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その29
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その30
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その31
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その32
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その33
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その34

前作
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー その1


Comment

Comment Form
公開設定