DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その18

  • Day:2016.12.24
  • Cat:PS2
PDVD_000_20161116081646874.jpg
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2

発売:2005年
メーカー:アトラス
機種:PlayStation2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 の18回目です。

前回の続きから。
いよいよ物語の核心に迫ってきました。
EGG施設で今起こっている現象が5年前にも起きていたことが分かりました。

PDVD_107_2016122323584220b.jpg PDVD_109_20161223235844909.jpg

リアルサーフはその時に溢れ出た情報で侵されて悪魔となってしまい、周りにいた大勢の人間を喰い殺してようやく協会の手で殺されたそうです。

PDVD_110_20161223235845ea8.jpg PDVD_112_2016122401343220a.jpg
PDVD_113_20161223235847a0b.jpg

衝撃な事実を知ってしまったサーフは苦悩してしまいます。
あんな腹黒い奴の疑似プログラムだったなんて!

PDVD_115_20161224000033597.jpg

で、お前はなんなんだ!?ただの猫じゃなかっただなんて!
シュレディンガーの隣に、リアルヒートが現れます。綺麗なヒートです。

PDVD_116_20161224000341c24.jpg PDVD_117_20161224000342123.jpg

あれから5年、セラはあれ以来ずっと心を閉ざしてしまいました。
そんなセラの心の拠り所がセラが求めていたもの全てを兼ね備えている仮想空間のサーフ達の存在だったのです。
でもその仮想空間も悪魔化ウィルスの実験として戦場に変えられてしまいました。

PDVD_118_20161224000344cc6.jpg PDVD_119_20161224001207321.jpg
PDVD_120_2016122400120975b.jpg PDVD_121_2016122400121009f.jpg

このヒートだったらボスといい勝負できそうだわ~。
男前過ぎる~

PDVD_122_2016122400121203c.jpg

するとサーフの背後からリアルサーフが姿を現します。
もう1人、おままごと時代のAIサーフの残骸も出現します。

PDVD_123_2016122400294846b.jpg PDVD_124_20161224003238939.jpg
PDVD_125_20161224002950f90.jpg PDVD_126_20161224002951008.jpg

リアルサーフは自分が既に死んでいるという自覚を持ってはいませんでした。
ヒートは情報の循環に身を任せ時を待つしかないと答えました。神の元へ還る順番があるのですかね。
5年間も待ちぼうけ?

PDVD_128_20161224002953d69.jpg PDVD_129_20161224003428eb0.jpg
PDVD_130_2016122400342958d.jpg

己の死を認めないリアルサーフはリアルヴァルナへと姿を変えます。ついでに残骸のAIサーフも・・・なんで?
おままごと時代のサーフはセラに依存していますね。
それでは今ここにいるボスはどうなのか?完全にセラの手から離れて自己を確立せていますよね。

PDVD_131_20161224003431412.jpg PDVD_132_201612240034329a9.jpg

リアルヒートはサーフに自分を縛る亡霊を倒して自由になれと言い、アグニに変身します。
そしてもう一人のヒートを解放して欲しいとサーフに頼むのです。

PDVD_133_2016122400463420a.jpg PDVD_134_201612240046362da.jpg
PDVD_136_2016122400463766a.jpg PDVD_137_20161224004639e85.jpg

PDVD_139_201612240046400fc.jpg

リアルヴァルナとフェイクヴァルナと戦闘に。
ここではリアルヒートが参戦して一緒に戦うことになります。
このヒートが優秀過ぎるんですよね・・・w

PDVD_141_201612240054136ed.jpg PDVD_142_20161224005606580.jpg

なんだよ、このスキル!
すげーよ、ヒート先輩!このボス戦ではサーフは何もすることないですw
ヒートのパワードチャージと血祭を連発してるとあっさり倒せてしまいます。

そして外では戦闘に敗北したヒートがのた打ち回っておりました。

PDVD_146_201612240109276f4.jpg PDVD_148_20161224010928df3.jpg
PDVD_149_2016122401092974e.jpg

ヒートの腹を引き裂いてサーフが仲間のもとへ戻って来ました。
今は亡きリアルヒートとの約束を果たせねばなりません。

PDVD_151_2016122401112057a.jpg PDVD_154_20161224011121c4b.jpg
PDVD_155_20161224011123344.jpg

サーフとヒートは全ての元凶の始まりのあの痛ましい事件が起こった制御室へ向かいます。
二人の因縁に終止符を打つために。

PDVD_157_2016122401124781d.jpg PDVD_160_20161224011248b88.jpg PDVD_161_20161224011250c8c.jpg

その様子を見ていたセラは二人を止めようとします。
全ての原因は自分なのだから二人が争う理由はないと言って。

PDVD_164_201612240121004a4.jpg PDVD_165_20161224012101891.jpg
PDVD_166_20161224012103ceb.jpg PDVD_169_20161224012104ad8.jpg

これは男同士のなんとやらですね。
こうなった女性は介入できないね!シエロも泣くほどに・・・
ゲイルも戦うことでしか自分を確認できない者がいる、戦うことが救いになる時もあると言います。

PDVD_170_20161224012106958.jpg PDVD_171_201612240121074cf.jpg
PDVD_172_2016122401241749e.jpg



関連記事

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その1
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その2
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その3
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その4
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その5
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その6
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その7
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その8
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その9
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その10
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その11
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その12
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その13
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その14
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その15
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その16
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その17
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その19
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その20
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その21
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その22
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その23
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その24
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その25
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その26
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その27
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その28
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その29
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その30
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その31
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その32
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その33
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その34

前作
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー その1


Comment

Comment Form
公開設定