DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 感想

7420170205
DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2

発売:2005年
メーカー:アトラス
機種:PlayStation2
PDVD_000_20161116081646874.jpg

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2、HARDモードで全隠しボス討伐を含みクリアしました。
1、2と合わせるとかなりボリュームがあったように思えます。
アバチュは既プレイなので今回は10数年ぶりのプレイになりましたが、結構忘れている部分が多くて楽しめました。
以前雑記か何かでこのゲームの設定資料を見つけたみたいなことを言ってたと思うんですが予約特典だったようなんですよね。
ということは私はこのゲームを発売日に予約購入していたみたいです。
まったく覚えていませんが・・・

PDVD_001_20170205195846919.jpg

基本的な操作は前作とさほど変化はありませんけど、レア悪魔のオモイカネの倒し方とフィールドハントが簡単になっています。
ハントは利用する機会はほぼありませんけども。
追加でジャックフロストのヒーホークイズ100問というイベントがエンカウント発生するようになりました。
本編のプレイ日記にありますがクイズ全問に正解すると隠しボスのジャックフロストと戦えるようになるんですね~。
ただ全問正解してもエンカウントで遭遇するので、それがちょっと正解後はストレスになるかも。
レベル上げに集中したいのにクイズが出てくると若干イラっとしてしまいます・・・w

PDVD_002_20170205195848346.jpg

マントラシステムも前作と大分違いますね。
前作では優秀だったスキルも2ではショボく使い所がまったくないといった感じ。
ゲーム前半ではお金も貯めにくいし、マントラスキル取得にj苦労する部分もありました。

PDVD_010_20170205195849396.jpg

プレイ日記の中では省いておりますがシエロを操作してプレイするシューティングゲームなども存在します。
クリア出来なくてもシナリオを進めるのに支障はありません。
全3ステージでボスがいますがクリアしてもカルマリングのステータスUPの数値が上がるだけですし。
終盤でノイズが大量に手に入るのでステUPはそんなにこだわらなくても問題ないですね。

終盤の展開の捉え方次第で評価が分かれてしまうゲームですが、インド神話をモチーフにしている作品ですから私はあの展開は自然な流れと捉えて納得できてます。セラフが存在しないと話になりませんもの。
前作の感想でも言っているのですが、このゲームは、1、2で一つの物語になっているのでプレイさせるのであればぜひとも両方を揃えて遊んで頂きたいですね。データの引継ぎなどもあり、前作のデータがなければ取得できないスキルもありますので。

このゲームは小説もあります。全5巻で私は3巻までしか読んでいませんがゲームとはまた違った見方で物語を追うことができるのでお勧めです。

さてさて、このアバタールチューナーはストーリも壮大で特に音楽はメガテンシリーズの中でも屈指のクオリティを誇っており、プレイしてつまらないということはまずないと思います。Amazon覗いてみて?サントラ超プレミア値段だから。
アトラスゲーに一度も触れたことがない方にもお勧めです。
本家のメガテンや世界樹の迷宮より簡単ですから。(・・・・たぶん)
隠しボスの強さは尋常ではございませんが・・・

PDVD_000_201702051958451e0.jpg


プレイ日記 →DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2 その1



Comment

Comment Form
公開設定